Supplement 葉酸

葉酸(1日1粒) 約4カ月分 1,382円
容量:30g(標準120粒)

葉酸 赤ちゃんのささやき「葉酸」

葉酸(1日1粒) 約4カ月分 容量:30g(標準120粒)
1,382円
葉酸の栄養成分 1粒(250mg)あたり
エネルギー0.98kcal たんぱく質0.0008g 脂質0.0021g
炭水化物0.24g ナトリウム0.02mg 葉酸400μg
葉酸の原材料
麦芽糖、コーンスターチ、結晶セルロース、ショ糖エステル、葉酸

葉酸の特徴

  • 1日1粒で400μgの葉酸が摂取できます。
  • 小型のタブレットタイプでつわり時期でもお召し上がりしやすくなっています。

葉酸の役割

葉酸は、水溶性ビタミンであるビタミンB群の仲間で、体内で赤血球を作るためには欠かせないものであり、細胞の分裂や成長、DNAの形成にかかわりのあるビタミンです。
葉酸を多く含む食品例としては、ブロッコリー、ほうれんそう、アスパラガスなどの緑黄色野菜、いちご、オレンジなどの果物、納豆、レバーなどが挙げられます。

プレママに

「妊娠を計画、妊娠3ヶ月までの女性には、毎日食事で摂取する葉酸に加えていわゆる栄養補助食品から葉酸400μg摂取することで、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減できることが期待できる」と厚生労働省より通知が出ています。葉酸は、食事から摂った場合の体内利用率が約50%、栄養補助食品なら85~90%とより効率よく吸収することができます。

葉酸は、水溶性ビタミンですので、摂りすぎによる心配はありません。

1日の葉酸必要量

  必要量 推奨量
0歳 40ug -
18歳~ 200ug 240ug
妊娠中 +200μg +240μg
授乳中 +80μg +100μg

日本人の食事摂取基準(2010.厚生労働省)より

葉酸のお召し上がり方

1日1粒を目安に水などと一緒にお召し上がりください。

葉酸のQ&A

Q1 いつから摂るのが効果的ですか?

A1 できれば、妊娠前から赤ちゃんの基礎が完成する12週までに重点的に摂取するのが理想的です。妊娠を望まれる方は日頃から十分な葉酸を含めたバランスのよい栄養を心がけましょう。また、妊娠中、授乳期ともに一般より多めの摂取量が推奨されていますので確認してみてくださいね。


Q2 「葉酸」と「葉酸+マルチビタミン」どちらが良いですか?

A2 葉酸は、ビタミンB6、ビタミンB12等の他ビタミンと一緒であると良く働きますので、お食事から十分にビタミンを摂取できている方は「葉酸」を。日頃の食事バランスが気になる方(外食が多い方など)は「葉酸+マルチビタミン」をおススメします。


Q3 妊娠中なので薬には慎重になってしまいます。葉酸は大丈夫ですか?

A3 お腹の中の赤ちゃんの成長に必要な栄養素で、副作用などの悪影響はありません。アメリカでは、小麦粉など穀物食品に葉酸を添加することを義務づけています。


Q4 摂りすぎても大丈夫ですか?

A4 葉酸の摂りすぎによる悪影響は報告されていません。葉酸は水溶性ビタミンですので体外に排出されてしまいます。
(厚生労働省が1日1,000μgを超えないように指導しているのは「巨赤芽球性貧血」という病気を発見しにくくなる可能性があるためです。)


Q5 飲むタイミングはいつが良いですか?

A5 サプリメントは食品ですので、いつでも大丈夫ですが、飲み忘れを防ぐために時間を決めて摂ることをおススメします。

ご注意

本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。一日の摂取目安量を守ってください。
保存は高温多湿や日光を避け、開封後はキャップをしっかり閉めて早めにお召し上がりください。


ページトップへ

当サイトの表示価格は税込価格です。

  • アンケート集計結果
  • 「葉酸」のお話
  • 学会情報
  • お役立ち情報