妊娠したい方、妊婦さんへ お役立ち情報♪

産じょく期のママの心身の特徴について~出産後の事をちょっと考えてみませんか?~

妊娠・出産は女性の身体に大きな負荷を与えます。
出産は生活スタイルなどに大きな変化をもたらし、それがママに大きな影響を与えます。
産じょく期とは、出産6~8週間の期間を言います。

母体の回復について

産後に注意したいこと
  • 子宮復古不全
    産後1ヶ月たっても、子宮がなかなか元の大きさに戻らないことがあります。
    原因は、子宮の中に胎盤の一部などが残っていたり、細菌感染や子宮筋腫などがあるときです。
  • 悪露(おろ)
    分娩後に性器から排出される分泌物を悪露(おろ)と言います。はがれ落ちた子宮内膜、子宮内や産道からの血液やリンパ液などがまじったもので、最初は血性の赤い色をしていますが、日がたつにつれ、色も量も変化していきます。
  • 子宮下垂
    出産によって骨盤底筋がゆるむので、子宮が正常の位置よりも下がってきてしまうことがあります。子宮が膣の中にまで下降してしまった状態です。
    産後に起こりやすいトラブルです。
  • 高血圧、たんぱく尿
    妊娠中の高血圧やタンパク尿が消えないことがあります。
  • 乳腺炎
    乳腺に母乳がつまり、乳首から細菌が入って乳腺が炎症を起こした状態です。発熱することもあります。
  • 腰痛、関節炎など
    産後は骨盤のゆるみや変形から腰痛が起こることも少なくありません。また赤ちゃんの世話などで前かがみの姿勢になることも腰痛の原因になります。授乳や搾乳、抱っこ、あるいは肩こり、関節痛や筋肉痛、腱鞘炎に悩む方も多く見られます。
産じょく期のこころについて
  • マタニティブルーズ
    産後数日から2週間くらいの間に起きるこころの症状で、気持ちが落ち込んだり、涙もろくなったりします。不安や緊張、物忘れや集中力の低下、食欲不振などを訴える場合もあります。
    一過性のものなので自然におさまっていきますが、「産後うつ病」に移行する可能性もあるので、症状の経過に注意することが必要です。
  • 産後うつ病
    産後うつ病はふつう出産後2~3週以降に始まり、約1割の母親に発症するといわれています。
    通常のうつ病と同じように、生活全般に対して、興味や喜びを感じられなくなり、自分に非がないことでも、自分が悪いから、と過剰に自責の念や罪悪感をもちます。そのような精神状態になることで、生きていても仕方がないと考える場合もあります。
    産後うつが疑われるような症状がみられたら、早期に医療機関につなげることが重要です。夫をはじめ周囲が早く気づくためにも、産後うつについての知識を身につけておくことが大切といえます。

出典:平成21年度 独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成事業 産じょく期母親の健康・育児支援啓発普及事業 事業報告書より改変

女性にとっての一大イベント!

妊娠、出産は、女性にとっての一大イベント。
妊娠中に出産後の事まで、なかなか考えられないと思いますが、ちょっとだけでも知っておくと、いざというときに対処ができると思います。
産後1ヶ月には、赤ちゃんと一緒にお母さんの検診もあります。
それ以前に何か気になる症状があるときは、遠慮せずにかかりつけ医や保健婦さんなどに相談しましょう。

ページトップへ

一覧へ戻る