妊娠したい方、妊婦さんへ お役立ち情報♪

葉酸摂取率は経産婦さんの方が低い!~本邦における先天異常モニタリングによる先天異常発生要因の分析とその対応に関する研究 平成22年度研究報告書より~

先天異常の発生動向-全国調査および地域調査解析から
葉酸摂取推進による妊娠女性の妊娠前からの葉酸摂取に関しては妊娠前から葉酸を栄養補助剤で摂取しているケースが約20%弱となっており、妊娠後は約50%弱程度であることが判明しました。
厚生労働省の葉酸摂取の情報提供については2003年当時約40%程度の認識率であったものが2010年には65%にまで達しており近年のより広い情報伝達が効果を生んでいる可能性があります。
しかしながら、経産女性で葉酸の摂取推進の勧告を認識している比率が高いにもかかわらず、摂取率は妊娠前も妊娠後も初産女性にはるかに劣る率でした。

妊娠女性の葉酸摂取の状況

平均年齢 31.9歳
葉酸摂取勧告コメントを少しでも知っていた割合(認知率) 64.5%
サプリメントによって意識的に摂取した割合(摂取率) 妊娠前 15.7%
妊娠後 48.9%

妊娠女性の葉酸摂取の状況と初産、経産女性の差異

平均年齢(歳) 初産(n=1149) 経産(n=1118)
30.9 33.0
葉酸に関する勧告を
知っていた 54.9% 74.5%
知らなかった 45.1% 25.5%
葉酸サプリメントを
妊娠前から摂取していた 18.6% 12.7%
妊娠後から摂取していた 58.7% 39.1%
葉酸に関する勧告を知った上で
妊娠前から摂取していた 29.4% 16.3%
妊娠後から摂取していた 61.5% 42.2%

出典:厚生労働省科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)
本邦における先天異常モニタリングによる先天異常発生要因の分析とその対応に関する研究 平成22年度 研究報告書

 

平成21年国民健康・栄養調査結果の概要が発表になり、妊娠可能な年齢の女性は妊娠時に必要な葉酸量が摂取できていないことが明らかになっています。 (詳しくは、「やっぱり葉酸不足?」をご覧ください。)
また葉酸に関する勧告を認識しているヒトが多いにも係らず葉酸摂取をしていないヒトが経産婦さんに多いことに、とてもびっくり!です。
確かに子育てに忙しく、そんな事まで、かまっていられなかった、という方もいらっしゃると思います。
でもそんな方ほど、ご自分の食事の状態も後回しになってしまっているのではないでしょうか?
2度目だから大丈夫!ということはありません。
見直すべき点は見直して、きちんとバランスのとれた食事や食事からでは補いきれない場合は、サプリメント等を上手に利用して必要量をきちんと摂取しましょう。

特にあなたの葉酸度は足りていますか?今すぐ葉酸度をチェック!

葉酸度CHECK

ページトップへ

一覧へ戻る